社会人から公務員になる

高校や専門学校、大学を卒業してすぐに公務員になる方もいますが、一度社会人として企業などで働いた後に転職するような形で公務員になる方もたくさんいます。多くの自治体では、社会人経験者枠を設けておりますので、既に働いている方であっても公務員として一から働き始めることは可能です。但し、年齢制限を設けているところも多いですから、公務員に転職を考えている方は早めにその対策を考えた方が良いかもしれません。

試験は、筆記試験と面接があり、両方に力を入れる必要があります。中には、面接を行う回数が多いようなところもあるようです。試験に盛り込まれている「教養択一試験」では、数的処理や文章理解について問われる他、一般知識についても出題されます。他にも、論文や専門択一試験があります。

試験対策は、独学でもできます。但し、モチベーションをキープしつつたくさんのことを学ばなければなりませんので、しっかりと計画を立てて進めて行く必要があります。出題される範囲も広いですし、競争率も高いですから、覚悟してスタートしなければなりません。また、面接についてもしっかりとした対策が必要です。自己PRも上手くできるように練習して置くことをお勧めします。